モノクロな部屋

欧米のインテリアを参考にリフォームしたい

シックな部屋

純和風の家というのもいいですが、センスのあるインテリアというとやはり欧米の家が参考になります。日本のインテリアもかなりお洒落になってきていますが、洋室のインテリアにおいてはやはり欧米のスタイリッシュさにはまだまだのように思います。
リフォームをするときに欧米のスタイルを参考に壁紙の色やデザイン、フローリングの色あい、照明器具などを選んでいくとインテリアコーディネートもやりやすくなります。特にニューヨークやロンドン、パリ、ミラノなどのインテリアは都会的で洗練されていて雑誌などでもよく取り上げられています。リフォームのイメージを伝えるときに、こういった雑誌の切抜きやウェブサイトの参考サイトなどで伝えると、デザイナーや施工業者にはわかりやすいのではないかと思います。漠然とした欧米のインテリアというように言葉で伝えるよりも、実際に目で見ることが出来る資料というのはダイレクトに伝わります。
施工業者の過去の事例などをみて、欧米のインテリアが得意かどうかというのも事前に調べておいてもいいかもしれません。欧米風のインテリアといってもより具体的に伝えるほうが理想的なリフォーム近づけることができるのではないでしょうか。

Topics

TOP